おやじ、ミニこがねい潜入レポート第3弾!~とうとう開幕~

【ミニこがねいリポート〜前編】
 12月1日(土)・2日(日)に貫井北センターで行われたミニこがねい。バイト記者の私は、平日は大人のまちで働きづめですが、子どものまちでは、休日出勤・残業という概念はないそうです。ミニこがねいの様子を2回に分けてお伝えします。

 
 
【市役所がすごかった!】
 ミニこがねいに参加した一般市民は2日間で500名以上、受付で市民証をもらって、仕事を紹介してもらわなければいけません。最初にもらえる通貨(ミニコ)は、ごくわずか。30分働くと10ミニコもらえるシステムです。 ところが、開始後、このスゴイ列!!
この大量の市民をさばくために床にテープを貼って誘導するなど大人のまちも顔負けのシステムも登場しました。
 市長提案のスタンプラリーも市民証と一緒に配布されました。色々な仕事場をまわって、全部集めると福引きで、商品があたるとのこと。これは経済活性化ですな・・福引きは、「なかなか当たらない操作されている」という怪しげなタレコミが関係者から、ありましたが確認は取れませんでした。 
 

 
 
【懸案のゴミ問題はどうなった・・】
 さて先日のゴミ問題はどうなったかというと・・・ 
市役所のマニュアルに、ゴミ収集は組み込まれていました。市役所の仕事としてゴミを集めようというのです。手に手にレジ袋を持って落ちているゴミを清掃する人たちは新聞社まで来て、ぱぱっと!済ませていきました。市長!やるじゃないですか!こどものまちの市長の手腕はなかなかのようです。 
 
 
【本格的なお店の数々紹介】  
<映画館>
・シナリオを制作していた映画館チーム。本格的な自主制作映画です。バイトの皆さんは映画館の管理やチケットの行商をしていました。  

<カフェ・パン屋さん>
 大人気だったカフェ。パウンドケーキの他にもラスクやクッキー。人気はタピオカミルクティーだったそうです。新聞社で投稿されたマンガにもカフェ愛が感じられました。
店員さんたちの写真も飾られ女子ゴコロをくすぐる工夫満載でした。やチケットの行商をしていました。
 
 
<ヘアサロン>
女子のヘアサロンは本格的です。人気なのは、前髪をアレンジしてくださいというオーダーだとか。奥のネイルサロンも賑わっていました。
 
 
<花屋>
花のアレンジは全てが1点ものでした。やり手の女性店長が次々とお客さんをさばいていました。人気の花はガーベラなどの大きな花が人気だったとのこと。バイトさんへの仕事の指示もしっかりしていたようです。 
 
 
<ジュース屋・チョコバナナ店の工夫>
 ジュース屋さんはリサイクルのコップを利用。4杯目からは無料という太っ腹なシステムでした。チョコバナナ屋さんはなんとサンドイッチマンを起用!なかなか様になってる! 
 
 
 
 
【やり手社長・宝くじの行方は?】
 さて、やり手社長の元、今回はどのぐらい話題になるのか、バイト記者が注目していた宝くじですが、やたら景気がいいのです!「あったったぁ!」という喜びの声がそこかしこに・・5ミニコで30〜50ミニコがあたるというのですが・・・当選者もほくほく顔!
目の色を変えた子ども市民の皆さんが、窓口に殺到します。 
 

 しかし、ここには落とし穴が・・社長の好きな数字が下1桁なので、下1桁1のくじを買おうと争奪戦になったり、当選が10人に1人だったこともあり(そりゃぁ当たりやすいわな)1日目は赤字転落と気前が良すぎの経営は2日目何とか黒字になったとか(^^;)

 ちなみに、次回リポートする新聞社と宝くじが、売上最下位を争っておりました。
世の中、金じゃないもんとは、バイト記者の負け惜しみです。 
 
(その2へ続く) 
 
【記:ミニコ新聞・バイト記者・小林】

〉子どものまち・ミニこがねいについて 
〉おやじ、ミニこがねい潜入レポート 第2弾!~子どものまちでもゴミ問題?!~ 
〉おやじ、ミニこがねい市長選に潜入!