子どもと行こう!水遊び特集

 
太陽が照り付ける暑さの厳しい夏・・。
空調の効いた室内にこもりきりでいませんか?
しっかり暑さ対策をして出かければ、木陰は風通しもよく驚くほど心地よいものです。
身体も涼しくなる水遊びなら、きっと夏の楽しい思い出になりそうですね♪
小金井から自転車で行ける範囲で、ちょっとした水遊びが楽しめるスポットをまとめました。 
 
①武蔵野公園じゃぶじゃぶ池
大人の足首ほどの水深なので、乳幼児でも楽しく水遊びできる♪
全く日陰がないので、暑い日は水温高め。帽子も忘れずに。下はコンクリートなので、走って滑らないように気を付けて。
(水の流れは夏場のみ)
武蔵野公園の詳細はこちら
 

 
②野川公園わき水広場 
夏は冷たく冬は温かく感じる水温が湧き水ならでは。浅瀬がほとんどなので、乳幼児でも安心。
水がとても綺麗で、初夏はホタルが見られたり、沢蟹も生息している。
木陰が多く、遊び疲れたら芝生にシートを広げてピクニックもおすすめ。 
>野川公園の詳細はこちら
 
 
 
③府中の森公園じゃぶじゃぶ池 

噴水のトンネルのようなモニュメントのある場所は、小学校高学年くらいでも十分楽しい。
乳幼児には、小道に流れる浅瀬の小川のような場所が木陰もあって心地よい。 
じゃぶじゃぶ池の横には、大きめの遊具広場があるので併せて楽しむことができる。 
(水の流れは夏場のみ) 
>府中の森公園の詳細はこちら
 

 
 
④府中郷土の森博物館 園内にある水遊びの池   

広々とした渓流のような作りで、少し段差があるが浅瀬なので乳幼児でも遊びやすい。
空気入りの大きなプールでは、カラフルなボールが入っていて子どもたちも夢中!芝生の広場も近いので、お弁当持参でたっぷり遊べる。
ただし、郷土の森博物館の園内の一部にあたるため、園内への入場料が必要。
(新型コロナウィルスの影響のため、休止中)
>詳しくはこちら
 
 
 
⑤東京競馬場(日吉が丘公園) 馬シャ馬シャパーク 
府中の競馬場内にある、水が噴水のように噴き出してくる水遊びスポット。数センチ程度の水が流れている階段もある。
すぐ側には海賊船を模した遊具等もあるほか、馬車に乗れたり、ポニーと触れ合えたり、競馬場ならではのお楽しみも。その全てが無料なのでちょっとお得感♪
(新型コロナウィルスの影響で子ども向けイベント全て休止中)
>詳しくはこちら 
 

 
⑥国分寺 お鷹の道の湧水 
名水百選のひとつにも選ばれているお鷹の道にある湧き水の流れ。
水が冷たく、とても綺麗。ザリガニもいる。ほぼ木陰なので心地よい。ただし、蚊が多めなので虫よけ対策は万全に。
近くにトイレがないので、トイレを済ませてから向かうと安心。
>詳しくはこちら
 
 
 
 
⑦武蔵国分寺公園 
お鷹の湧水の近くにある広々とした公園。モニュメントから霧が吹きだす水遊び場が乳幼児におすすめ。
>武蔵国分寺公園の詳細はこちら 
 
 
⑧花小金井ひょうたん池公園
小平にある、ひょうたんの形を模した浅めの水遊び場。乳幼児におすすめ。
トイレは、隣にある花小金井南児童館をお借りできる。 
(2021年は、新型コロナウィルスの影響のため、閉鎖中) 
 
 
 
 
⑨小平中央公園   
浅瀬のじゃぶじゃぶ池あり。遊具広場もある。
>小平中央公園の詳細はこちら 
 
⑩武蔵野市 関前公園  
小さな滝から流れ出る水流が楽しい。じゃぶじゃぶ池も浅瀬なので乳幼児でも楽しめる。(水場は夏の期間のみ)
>関前公園の詳細はこちら 
 
⑪田無市民公園(通称:タコ公園)
小金井公園から北東に進んだ、西東京市エリアの公園。
タコの形の遊具が人気の公園で、じゃぶじゃぶ池がある。(水場は夏の期間のみ、2021年は、新型コロナウィルスの影響のため、閉鎖中)
田無市民公園の詳細はこちら

 
もっとがっつり水で遊びたい!という子どもたちには、何と言っても野川がおすすめ。水辺には生き物もいっぱい!
川遊びについて詳しくは、以下の記事をどうぞ♪
>野川の川遊びの記事はこちらから 
 
(2021年8月)