【自然遊び】桑の実採りと川遊び

 
梅雨の晴れ間の暑い日、子どもたちと野川公園へ出かけました。
お目当ては、川沿いにたくさん続いている桑の木に、たわわに実った桑の実!
毎年5月から6月にかけて、美味しい自然の恵みをちょこちょこ頂いています。 
 
今年も何度か外遊びのおやつに頂いていたのですが、今日はちょっぴり多めに集めてジャムにする予定♪
子どもたち2人とも小さめ紙袋を片手にやる気マンマンです~。 
 
ところが!!
一昨日まではあんなにたくさんあったのに、昨日の強い雨風でだいぶ落ちてしまったみたい・・完熟で美味しい黒い実がなかなか見つかりません。
でも子どもって不思議です。
見つからないと逆に燃えるもののようで、姉弟連携して必死の宝探し!
「あそこ、あそこ!もっと右だよ!採って~!!」 

やっと採れた、と思ったら、お口にパクリ。あれ?今日は食べないで持って帰ろうよ~笑
3歳の下の息子は桑の実大好き♪ いつも口の周りが桑の実の紫に染まるまで無言で食べ続けています・・ 
 
  
桑の実採りが一段落したら、やっぱり大好き川遊び♪
野川公園の自然観察センター近くの野川は、浅瀬になっているので、小さな子にもおススメな川遊びスポット。
メダカや小エビや生き物もたくさんいて、網を片手に真剣に川の中に目を凝らす子どもたち。 
すぐ側にある湧き水が注ぐ自然のプールみたいな場所も人気です。 
 
 
実はこの辺り、5月末から6月中旬にかけて、夜にホタルが飛び交う様子を見ることができる貴重なエリア。
我が家はこの時期になると毎年欠かさず見に来ていますが、ふわふわ光りながらホタルが飛び交う様子は幻想的で本当に素敵です。 
 
川遊びですっかり疲れたら、川沿いの土手でちょうちょを追いかけ走り、アカツメクサで花冠作り♪  
ぴょんぴょん飛び跳ねるバッタにびっくり。
自然のもの全てが、子どもたちを惹きつけるおもちゃ箱みたい。 
たっぷり遊んで帰宅です。 
 
 
 
結局ジャムにできるほど桑の実がたくさん採れなかったので、急遽チーズケーキを作って桑の実ソースとしてかけることに。
おやつ作りも子どもたちにとってはまた楽しい遊び♪ 
 
  
庭のラズベリーも摘んで桑の実ソースと一緒に飾って、「いただきまーす。」
自然の恵みに感謝。
そして小金井にたっぷり遊べる自然豊かな公園があることにも感謝。 
 
まだまだコロナの不安が消えない今、遠出もなかなかできない毎日。
でも自然は刻々と姿を変えて、季節毎にまた違った楽しさをたっぷり提供してくれます。
暑さ厳しいこれからは、やっぱり川遊び。それにセミやカブトムシなど昆虫採集も楽しみ。
 
今できないことを嘆くよりも、こんなにたくさんできることがあることを楽しもう。子どもたちの笑顔を見ていたらそんな風に思えた1日でした。 
 
Eママ(6歳女児、3歳男児) 
 
>過去の川遊びの記事はこちらから