【クチコミ】ママのコミュ力アップ講座

◆2020/1/28(火)9:45-11:15
 

以前から少し気になっていたこの講座。
「親業」という聞きなれない言葉がなんだか難しそう?
一体、「親業」って何なんだろう。
そんな興味から体験会に行ってきました。 
 
会場は、国分寺のおしゃれカフェの奥のカーテンで仕切られた一角。
今日の参加者は6組の親子。(そのうち4組が子連れ)
私も2歳の子連れでしたが、フロアマットとおもちゃも用意されていて、想像以上に集中して聞くことができました。 
 

 
「親業」とは、アメリカの臨床心理学者トマス・ゴードン氏が開発したコミュニケーションプログラムだそうです。
この「親業」のコミュニケーションメソッドにより、子どもの自己肯定感を高め、何でも話せる親子関係を構築することが目標なのだそう。 
 
でもそんなに簡単にいくかしら・・。
と、戸惑う私にインストラクターの竹澤さんは、具体的な会話の事例から、分かりやすく解説してくれました。 
 

 
 
子どもの気持ちに寄り添って、悲しかったり悔しかったりした感情をそのまま受け止めて言葉にして返してあげる。
そうして会話をすることで、子ども自身が解決方法を見つけて前を向いて歩いていける・・ 
 
分かっていたようで、全然できていなかった自分に反省しきりでした。
そして、素敵なコミュニケーション方法だと思うけれど、親自身が時間にも気持ちにも余裕がないとできないのでは?との質問に、竹澤さんが返した言葉にハッとさせられました。 
 
「急がば回れ。」 
 
泣いている子どもを早く泣き止ませようと、
「痛くない痛くない!!」
と言ったところで、子どもはなかなか泣き止まない。
でも、
「ほんとに痛かったね。」
と優しく寄り添えば気持ちが落ち着いて泣き止むことができる。 
 
確かにそうだな・・。私はわざわざ遠回りしていたのかも。
もっと「親業」について知りたい!と思った瞬間でした。  
 
>講座主宰の「ハッピー・リレーションシップ」についてはこちらから 

 

Eママ(5歳女児、2歳男児)