titlelogo.jpg

header_ws01.png
| はじめまして | このサイトについて | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合わせ |

tbar_01.jpg

kage_01.jpg

HOME > 年齢別情報 > 赤ちゃんが生まれたら[乳幼児]

ご出産、おめでとうございます!
喜びと同時に、とまどったり悩んだりの子育ての始まりですね。新しい小さな市民が健やかに成長できるよう、市でも大勢の職員が子育て支援にたずさわっています。
まずは出生届を出して、どんな支援が受けられるのか、情報を集めましょう。

kage_01.jpg

tbar_02.jpg

■ 出生届(生後14日以内に提出)
【 窓口 】小金井市役所 市民課(市役所第二庁舎1階)
     TEL:042−387−9816

「出生届」に関する小金井市HPへcity_icon.jpg

shinsei_tbar.jpg

■ 乳幼児医療費助成(マル乳)
【対象】市内在住の就学前乳幼児の保護者 所得制限なし
【内容】乳幼児の医療費(国民健康保険又は社会保険診療の自己負担分)を助成
【問合】小金井市子育て支援課 TEL:042−387−9839

「子どもの医療費助成リンク」に関する小金井市HPへcity_icon.jpg

hoken_tbar.jpg

■ 新生児訪問指導(こんにちは赤ちゃん事業)
赤ちゃんのご誕生おめでとうございます。赤ちゃんを迎えたご家庭はうれしいことがいっぱいですね。一方で、「赤ちゃんはいつも寝ているけど大丈夫?」「体重は増えているのかな?」などの心配ごとがあったり、お母さんは寝不足つづきでちょっと元気がなくなったり・・・など、戸惑うこともあることでしょう。市では赤ちゃんの健やかな育ちと、お母さんの回復を守るために、助産師や保健師がご家庭を訪問します。

【対象】生後120日までの赤ちゃんのいるご家庭
【内容】・赤ちゃんの体重測定等を行い、発育をご家族と一緒に確認します。
    ・育児に関する不安や気になることについて伺い、よい方法を一緒に考えます。
    ・産後のお母さんの体調を伺い、子育て支援情報をお伝えします。
【申込方法】健康課へご連絡いただきますと、後日、訪問指導員または市の保健師から家庭訪問の日程調整などで電話をいたします。
icon_down.png■ 赤ちゃん連絡票(出生通知票) PDF形式/210KB

【問合】小金井市健康課(保健センター)
    TEL:042-321-1240 FAX:042-321-6423

「新生児訪問指導」に関する小金井市HPへcity_icon.jpg

■ 乳幼児健診
月齢に応じた発育や発達の様子を、医師・歯科医師・保健師・栄養士などの専門家に診てもらえます。相談やアドバイスも受けられますので、積極的に受診するようにしましょう。健診にいけなかった場合は、「乳幼児相談」もあります。
【問合】小金井市健康課(保健センター) TEL:042−321−1240

「乳幼児検診リンク」に関する小金井市HPへcity_icon.jpg

■ 乳幼児健康相談(のびのび広場相談)
「育児はこれで大丈夫かな?」「食事があまりとれてないのかも」「ちゃんと大きくなっているのかな・・・」毎日の育児についてちょっとした疑問や不安はありませんか?
小金井市で行っている各相談事業では、お子様の測定や育児についての相談だけでなく助産師や栄養士へのご相談ができる事業があります。 また、いろんな保護者の方と話ができる機会になるかもしれません。ぜひ気軽に直接会場へいらしてください。
【問合】小金井市健康課(保健センター) TEL:042−321−1240

「乳幼児健康相談(のびのび広場相談)」に関する小金井市HPへcity_icon.jpg

■ 1か月児健康診査・産婦健康診査(住民税非課税世帯・生活保護世帯)
出産後1か月児の健診を希望される場合は、任意の医療機関で有料での受診となりますが、生活保護または住民税非課税世帯の方は、「保健指導票」の交付を受けることができます。
保健指導票を使用すると、指定医療機関で健診や保健指導の一定項目を公費負担で受けることができます。
【問合】小金井市健康課(保健センター) TEL:042−321−1240

「1か月児健康診査・産婦健康診査」に関する小金井市HPへcity_icon.jpg

tbar_03.jpg

■予防接種
予防接種とは、ワクチンをからだの中に入れて免疫をつけることです。子どもを重い感染症や集団感染から守るためにも、できるだけ予防接種を受けるようにしましょう。「定期接種」は、国が指定する期間内であれば公費で受けられます( もし指定期間内に受けそこなっても後から受けられますが、自費となります)。
何種類も受けそこなってしまった場合は、医師とよく相談して接種してください。また、1歳のお子さんには、なるべく早く麻しん( はしか)・風しんの予防接種を受けさせましょう。詳しくは、生後2ヶ月近くに送付される「予防接種手帳」でご確認ください。

【問合】小金井市健康課(保健センター) TEL:042−321−1240

■ 予防接種手帳
子どもが生後2ヶ月近くになると送付されます。接種方法や接種時期、副反応についてなどが書かれています。よく読んで、理解したうえで接種を受けてください。受ける前には、毎日接して子どもの様子がよく分かっている人が子どもの状態をよく観察し、体調を確認して問診票に記入しましょう。

「予防接種における注意事項」に関する小金井市HPへcity_icon.jpg

keizai_tbar.jpg

■ 出産育児一時金(国保加入者)
【対象】国民健康保険に加入している母親
【内容】出産育児一時金が支給されます。
【問合】小金井市保険年金課 TEL:042−387−9833

「国民健康保険の給付」に関する小金井市HPへcity_icon.jpg

■ 母子栄養強化扶助(非課税世帯)
生活保護または住民税非課税の世帯の妊産婦・乳児の方は、牛乳の給付を受けることができます。
【問合】小金井市健康課(保健センター) TEL:042−321−1240

「母子栄養強化扶助」に関する小金井市HPへcity_icon.jpg

■ 児童手当制度
【対象】
中学校修了前(15歳到達後最初の3月31日)までの児童を養育している市内在住の方で、生計を維持する程度の高い方(=請求者)に支給されます。国外に居住する児童にかかる手当は支給されません。(「留学その他の厚生労働省令で定める理由」により海外に居住している場合は認められる場合があります。)
【内容】
●支給期間:手当の対象となる期間は、申請した日の属する月の翌月分から(※)支給消滅日の属する月分までです。
※出生日(又は前住所地転出予定日)の翌月に申請した場合、申請日が出生日(又は前住所地転出予定日)の翌日から起算して15日以内であれば、出生月(又は前住所地転出予定月)に申請があったものとして取り扱います。
●手当支給額
<所得制限内の方>
  ・0歳~3歳未満    月額15,000円(一律) 
  ・3歳~小学校修了前 月額10,000円(第3子以降は15,000円)
  ・中学生        月額10,000円(一律)
<所得制限以上の方>
  ・月額5,000円(一律)
●所得制限:所得制限は平成24年6月分の手当から適用されます。 

【問合】小金井市子育て支援課 TEL: 042−387−9839

「児童手当制度」に関する小金井市HPへcity_icon.jpg

■ 養育医療給付
医師が入院養育の必要を認めた新生児に医療の給付を行います。申請書類を審査し給付を決定しますと、医療券が交付されます。その医療券と健康保険証を提示することにより医療の給付を受けることができます。
※必ずしも申請が認められるとは限りませんのでご留意ください。
【窓口】小金井市健康課(保健センター)
【問合】小金井市健康課(保健センター) TEL:042−321−1240

「養育医療の給付」に関する小金井市HPへcity_icon.jpg

■ 大気汚染医療費助成
東京都では気管支ぜん息・慢性気管支炎・ぜん息性気管支炎・肺気しゅの4疾患について、一定の要件を満たす方を対象に医療費の助成を実施しています。
【窓口】小金井市健康課(保健センター)
【問合】小金井市健康課(保健センター) TEL:042−321−1240

「大気汚染医療費助成」に関する小金井市HPへcity_icon.jpg

平成27年4月1日から18歳以上の方(誕生日が平成9年4月1日以前)は新規申請することができません。
更新等の申請はできます。

hitorioya_tbar.jpg
さまざまな事情でひとり親になった時、子育てだけでなく、仕事や家事、住まいのことなど、生活する上で多くの問題をひとりで抱え込むことになりがちですね。ひとり親に対して経済的・精神的・社会的なサポートをしています。
■「さまざまな困難に対して」のコーナーで、下記の支援についての詳細があります。

handy_tbar.jpg
市では、障害のある子どもや保護者のため、援助・相談・申請業務を行っています。多くの市民に多様な対応をする行政の役割上、「障害」という表現を使っていますが、健やかに育つことへの願いに変わりありません。
■「さまざまな困難に対して」のコーナーで、下記の支援についての詳細があります。

kosodate_tbar.jpg

■ 育児支援ヘルパー
育児支援ヘルパーは、出産直後であって介助する方がいない家庭や多胎の家庭、育児が困難な状況にある家庭に対して、相談に応じながら、ヘルパーを派遣し、子育ての応援・お手伝いを行う事業です。ヘルパーの派遣は、市内委託事業所が行います。
【問合】小金井市子ども家庭支援センター TEL:042−321−3161

「育児支援ヘルパー」に関する小金井市HPへcity_icon.jpg

■ ファミリー・サポート・センター
ファミリー・サポート・センターは、子育ての手助けをしてほしい方(依頼会員)とそのお手伝いをしたい方(協力会員)の会員組織で、地域の中で相互に助け合いながら子育てをする、有償のボランティア活動です。
【問合】ファミリー・サポート・センター
    TEL:042−320−1701  FAX:042−321−3571
    小金井市貫井北町5-18-18 子ども家庭支援センター内

「小金井ファミリーサポートセンター」に関する小金井市HPへcity_icon.jpg

■ 子ども家庭支援センター「ゆりかご」
地域の子育て家庭を支援し、子どもとその家族が安心して健康に生活することができる地域づくりを目指すため開設されました。
【問合】小金井市子ども家庭支援センター TEL:042−321−3161

「子ども家庭支援センター」に関する小金井市HPへcity_icon.jpg

■ 児童館(子育てひろば)
子ども達がいつでも思いっきり遊べ、保護者も集えるのが児童館です。乳幼児~小学生~中高校生世代まで、市内4つの児童館でさまざまな活動が行われています。
【問合】小金井市児童青少年課 TEL:042−387−9847

「児童館の利用について」に関する小金井市HPへcity_icon.jpg
「児童館の子育て支援事業「子育てひろば」のお知らせ」に関する小金井市HPへcity_icon.jpg
「学童保育所子育て支援事業「学童保育所子育てひろば」のお知らせ」に関する小金井市HPへcity_icon.jpg

■ 冒険遊び場(プレーパーク事業)
子どもが自由な発想で自由に遊びながら、「自然との触れあい」や「様々な年代との交流」を体験することにより、子どもたちの感性や生きる力を磨くこと、地域に安心して遊べる環境を作ることを目的としています。

「冒険遊び場(プレーパーク)事業」に関する小金井市HPへcity_icon.jpg

tbar_03.jpg
家庭では保育できない生後6週間以上3歳未満の子どもを、個人宅で最高3人まで保育する制度です。
「子どもを預けて働きたい」のコーナーで、下記の支援についての詳細があります。

tbar_04.jpg
家族の急病や育児疲れ、短期間・短時間の就労などで、一時的に子どもの保育を必要とするとき、保育所で子どもを預かるサービス事業です。
「子どもを預けて働きたい」のコーナーで、下記の支援についての詳細があります。

handy_tbar.jpg
家族の急病や育児疲れ、短期間・短時間の就労などで、一時的に子どもの保育を必要とするとき、保育所で子どもを預かるサービス事業です。
「子どもを預けて働きたい」のコーナーで、下記の支援についての詳細があります。

edu_tbar.jpg

■ エンジェル教室
【対象】生後4〜5か月児とその保護者
【内容】遊び・育児の話、離乳食講習会、交流会等を行う2日間の教室です。
【日時】原則第2・4木曜 10:00~11:30
【場所】保健センター
【問合】小金井市子ども家庭支援センター TEL:042−321−3141
icon_link.png小金井市子ども家庭支援センター『ゆりかご』HPヘ

■ カルガモ教室
【対象】生後10か月~1歳2か月児と保護者
【内容】親子の触れ合い遊びや親同士のかかわりを通じて、
    親子・親同士の交流を図る教室です。(全3回)
【日時】原則第4水曜 10:00~11:30
【場所】保健センター
【申込】市報掲載後、電話予約制
【問合】小金井市子ども家庭支援センター TEL:042−321−3141
icon_link.png小金井市子ども家庭支援センター『ゆりかご』HPヘ

■ 離乳食教室 ~3回食への進め方~
【とき】月1回 午後1時30分から3時30分まで
    10月・2月は午後2時から3時30分まで
【対象者】概ね8か月から11か月の乳児の保護者
【場所】小金井市保健センター
    10月・2月は保健会場(福祉会館5階)
【内容】講話・試食・栄養相談・歯科の話と相談
【申込方法】市報に掲載の申込み開始日から電話で健康課へ
【問合】小金井市健康課(保健センター)
    TEL:042-321-1240 FAX:042-321-6423

「食育事業」に関する小金井市HPへcity_icon.jpg

■ 乳幼児食育メール配信
乳幼児の食生活栄養に関するメールマガジン配信を始めました。毎月1回、管理栄養士が、食に関する悩みのQ&Aや、食コラム、レシピなど、お子さんの月齢に合わせた内容を配信します。この機会にぜひご登録ください。
【問合】小金井市健康課(保健センター) TEL:042−321−1240

「乳幼児食育メール配信」に関する小金井市HPへcity_icon.jpg

sisetsu_tbar.jpg

「施設関連」のコーナーで、下記の支援についての詳細があります。

tel_tbar.jpg

■ 栄養個別相談
市では、乳幼児から成人まで各段階に合わせた食生活の改善を図り、生活の質の向上を目指すため、栄養相談・栄養指導を実施しています。
【場所】小金井市保健センター
【問合】小金井市健康課(保健センター) TEL:042−321−1240

「栄養相談」に関する小金井市HPへcity_icon.jpg

名 称 番 号 内 容
母子保健相談
小金井市健康課
(保健センター)
042−321−1240
市の保健師による妊婦・乳幼児電話相談
月~金 8:30~17:00

小金井市内保育所の
子育て支援 

みんなであそぼう ほいくえん!へリンク

地域の皆さんに保育園で遊んでいただいたり、園児や保育士との交流を通じ、子育てのお手伝いができるよう、市立保育園を開放します。0~5歳のお子さんと親子でご参加ください。
月~金 10:00〜16:00 

ママさん110番
社会福祉法人日本保育協会
03-3486-4416
子育て全般の電話相談
月~金 10:00〜12:00/13:00~16:00
年末年始・祝日を除く
子育て電話相談
NPO法人東京都公立保育園研究会
03-3371-8054
子育て全般の電話相談
月~金 10:00~16:00
年末年始・祝日・春2週間・夏2週間を除く

はいはい
母親ダイヤル 

社団法人家庭生活研究会
03-3312-8181
子育てや家庭問題についての相談
FAX 03-3312-8182
月・火・水・金 12:00~16:00

01hajimete_babo.jpg01hajimete_babo.jpgmainbo_white.jpg02soudan_babo.jpg02soudan_babo.jpgmainbo_white.jpg03wa_babo.jpg03wa_babo.jpg