titlelogo.jpg

header_ws01.png
| はじめまして| このサイトについて | プライバシーポリシー| サイトマップ | お問い合わせ |  

tbar_01.jpg

kage_01.jpg

tbar_44.png

11月の連休は大学祭シーズン。
学ぶ人と子どもを通してお話できる機会のひとつです。
大学ではどんな人がどんな環境で学んでいるのでしょう。
気の早い親としては、学問に加え就職の状況も気になるところ。
特徴ある4つの大学の大学祭に行ってきました!

01.png

■東北大学「東北大学祭」【野比野びーの】
https://www.facebook.com/festatohoku
10月30日-11月2日に東北大の大学祭がありました。仙台までは「週末パス」というきっぷがあって、前日までに買うと子どもはなんと2,500円。大人も8,500円です。特急券を買い足せば「はやぶさ」にも乗れるので、新幹線好きにはたまりません。
7歳の子どもと旅のついでに東北大学へ。

02.png

東北大考古科学技術研究会。擦文時代では型を押し付けて土器に模様をつけるそうです。研究会では夏には北海道へ向かい、顧問の先生と一緒に遺跡を掘ります。参加するのは、考古学を専門で学ぶ人ばかりではなく、たとえば「医学部生だけど趣味で考古学に取り組む」なんて人もいるとのこと。

03.png

東北大学友会化学部。透明の液体の色が葡萄色から群青色、黄色へ、鮮やかに移り変わる「振動反応」。半分に切り離したレモンにぐさりぐさりと金属板を挿すと通電する「レモン電池」。化学はすぐの変化がおもしろいけれど、実験では数日待つこともあるそうです。

04.png

東北大学友会吹奏楽部。なんと一日に28組の室内楽が次々と演奏するカフェ。ボリューム感のあるパウンドケーキとフレーバー紅茶と生演奏のハーモニーが好評で、ずっと満席でした。金管八重奏は華やかでかっこいい曲を演奏するツワモノ揃いです。ファゴット四重奏は長〜い木管楽器大集合の珍しい編成で、全員人柄がよさそう(←イメージ)。

05.png

東北大学友会奇術部。子どもだけでなく、老若男女が鮮やかな手さばきに時を忘れて夢中になりました。大学院生の多い東北大では、修行の長い院生の奇術師は人気も高いそうです。話術の練習は、台本を書いて丸暗記する人もいれば、アドリブでこなす人も。騙されても騙しそうにない、誠実そうな奇術師揃いです。

06.png

■東京学芸大学「小金井祭」【崖乃上ぽにょ】
https://twitter.com/tgu_koganeisai
11月2日-3日に開催されました。教師を目指す学生の多い大学とのことですが、子ども向けブースがたくさんあります。2歳の子どもにも楽しめそうなブースをいくつか回りました。
 
正門付近では毎年、サークル「むぎのこ」の活動に参加している学生のみなさんが、趣向を凝らしたゲームコーナーを用意しています。今年はシェフになる修行でした!

07.png

海のトンネルの先には、人魚の街をみなで制作するコーナーもありました。どこに行っても優しいお兄さんお姉さんが、子どもの目の高さで語りかけ、楽しめるように付き添ってくれました。このほか、ぬりえ、モグラタタキならぬ妖怪叩き、妖怪の的あて、手作りの大型紙芝居もみかけました。

08.png

海のトンネルの先には、人魚の街をみなで制作するコーナーもありました。どこに行っても優しいお兄さんお姉さんが、子どもの目の高さで語りかけ、楽しめるように付き添ってくれました。このほか、ぬりえ、モグラタタキならぬ妖怪叩き、妖怪の的あて、手作りの大型紙芝居もみかけました。

09.png

特設ステージでは、バンド演奏やジャグリングショーなどが次から次へと披露され、ついつい魅入ってしまいます。子どもと向き合う大学生のみなさんの姿勢に、親は感心しきりの2日間でした。ほかにも楽しそうな催しがまだまだあり、今から来年の小金井祭が楽しみです。

13.png

■国立音楽大学「芸術祭2014」【甲藤恵子】
http://kunionfestival.web.fc2.com/
毎年文化の日の3連休に国立音楽大学の芸術祭が開催されます。吹奏楽コンサート、リトミック、各種アンサンブル、雅楽、オペラ、ビッグバンドなど、とにかく音楽好きにはたまらないイベントです。2歳の娘と一緒に鑑賞しました。昨年はオズの魔法使いのミュージカル、今年はヘンゼルとグレーテルのオペラの上演でした。リトミックは特に子ども向けで気軽に参加できます。また、夕暮れ時には屋外でビッグバンド「New Tide Jazz Orchestra」の演奏があり、トランペットやドラムの音が鳴り響き、会場がすごく盛り上がります。未就学児と演奏会に行ける機会は少ないので、芸術祭は毎年楽しみにしているイベントです!!

11.png

■東京経済大学「葵祭」
https://www.facebook.com/a0ifes
10月30日から11月3日まで開催した葵祭は今年115回目。「葵」とは、創立地の赤坂葵町が語源です。現在の東京・虎ノ門「ホテルオークラ」隣接地に創立した大倉商業学校が東経大の前身なんだそうです。学祭の協賛企業はエンターテイメント系から飲食系までずらり68社。また、北海道美瑛町と提携し採れたてのかぼちゃやにんじん、ジャガイモを安く売っていました。子どもも一緒に入れるスウィングジャズ研究会によるビッグバンドジャズ喫茶も楽しかったです。

12.png

■東北大学
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/
仙台市。東京駅から仙台駅まで新幹線で1時間40分。仙台駅からバス15分。
1907年創立。東北大の理念は「研究第一主義」「門戸開放」。医学部と歯学部がある国立大学のひとつで、1700年代の仙台藩明倫養賢堂の医学教育がはじまりでした。1913年には帝国大学で初めての女子学生が入学。100年前は女性の入学に政府からの圧力があったのだそうです。学生数は学部と院あわせておよそ1万8千人。男女比は男子学生3人に対して女子1人くらいです。学部卒業後の就職より大学院進学後の就職が多いのですが、大学院からは製造業に815人、医療福祉分野に149人進んでいるそうです。「メーカー研究職と医療分野に強い東北大」のイメージは本当だった!?

■東京学芸大学
http://www.u-gakugei.ac.jp/
小金井市。国分寺駅、武蔵小金井駅からバス10分。
1949年に4つの師範学校が統合して創立、その源流は1873年にさかのぼるそうです。学生数は学部と院あわせておよそ5千人。男女比は男女半々でちょっと女子が多いくらい。学部は教育系、教養系と分かれていましたが学校教育系、学校支援系として再編しました。教員を志す人は多く、教員就職率は特に小学校が高いそうです。このほかマスコミや美術館博物館公民館等、ものごとを広く人々に伝える職に就く人もいます。在学中に留学や国際支援活動をする人も。「教職や対人コミュニケーションに強い学芸大」のイメージは本当だった!?

■東京経済大学
http://www.tku.ac.jp/
国分寺市。国分寺から徒歩12分。
1900年にホテルオークラ創業者の大倉喜八郎氏が創立。東経大の理念「責任と信用」は企業や地域に通ずる社会通念。大成建設、サッポロビール、帝国ホテル、帝国劇場、日清オイリオ、あいおいニッセイ同和損保、日本化学工業、東京製綱。これらみな大倉財閥とゆかりのあった企業です。10万人組織の同窓会「葵友会」があります。学生数は学部がほとんどでおよそ6千600人。男女比は男子学生3人に対して女子1人。近隣の美大、音大、語学系大と単位交換が可能で、本格的な環境で芸術や語学も学べます。国分寺の飲食店と東経大生が協働するプロジェクトもみかけました。「金融と地域商業に強い東経大」のイメージは本当だった!?

■国立音楽大学
http://www.kunitachi.ac.jp/
立川市。西武新宿線、多摩都市モノレール玉川上水駅から徒歩8分。
1926年「東京高等音楽学院」創立、1950年に大学発足。理念は「良識ある音楽家、教育者の育成」。音楽を志す人の集う音高、音中のほか、国立駅近に附属幼稚園や小学校も。声楽と合唱、リトミック教育、調律専修に歴史がありますが、新設の「ジャズ学科」にも注目したいところ。国音出身の山下洋輔氏に始まり、小曽根真氏、渡辺貞男氏などの教授陣が名を連ねます。学生数はおよそ1千800人。就職者332人のうち49名が教職で、幼稚園教諭の割合も多いそうです。交響楽団などの演奏分野、放送や音楽事務所、レコード会社、ゲーム制作会社などの一般企業にも。「専門分野に強い国音」のイメージは本当だった!?

就職状況を踏まえて大学祭をにらんだものの、大学生のみなさんの笑顔にすっかり励まされてしまいました。小さな子どもたちにも、大学祭でお会いしたみなさんのように、学校では友達や先生ととなかよく、学問や活動に夢中になって過ごしてほしいものです!

[取材]崖乃上ぽにょ [構成]のびのびーの!編集チーム

ws_170.png

01hajimete_babo.jpg01hajimete_babo.jpgmainbo_white.jpg02soudan_babo.jpg02soudan_babo.jpgmainbo_white.jpg03wa_babo.jpg03wa_babo.jpg

logo.jpg

index_menubar_60.pngindex_menubar_60.png
index_menubar_0159.pngindex_menubar_0159.png
to60_menubar.pngto60_menubar.png
59_menubar.png59_menubar.png
58_menubar.png58_menubar.png
57_menubar.png57_menubar.png
56_menubar.png56_menubar.png
55_menubar.png55_menubar.png
54_menubar.png54_menubar.png
53_menubar.png53_menubar.png
52_menubar.png52_menubar.png
51_menubar.png51_menubar.png
50_menubar.png50_menubar.png
49_menubar.png49_menubar.png
48_menubar.png48_menubar.png
47_menubar.png47_menubar.png
46_menubar.png46_menubar.png
45_menubar.png45_menubar.png
44_menubar.png44_menubar.png
43_menubar.png43_menubar.png
42_menubar.png42_menubar.png
41_menubar.png41_menubar.png
40_menubar.png40_menubar.png
39_menubar.png39_menubar.png
38_menubar.png38_menubar.png
37_menubar.png37_menubar.png
36_menubar.png36_menubar.png
35_menubar.png35_menubar.png
34_menubar.png34_menubar.png
33_menubar.png33_menubar.png
32_menubar.png32_menubar.png
31_menubar.png31_menubar.png
30_menubar.png30_menubar.png
29_menubar.png29_menubar.png
28_menubar.png28_menubar.png
27_menubar.png27_menubar.png
26_menubar.png26_menubar.png
25_menubar.jpg25_menubar.jpg
24_menubar.jpg24_menubar.jpg
23_menubar.jpg23_menubar.jpg
22_menubar.jpg22_menubar.jpg
21_menubar.jpg21_menubar.jpg
20_menubar.jpg20_menubar.jpg
19_menubar.jpg19_menubar.jpg
18_menubar.jpg18_menubar.jpg
17_menubar.jpg17_menubar.jpg
16_menubar.jpg16_menubar.jpg
15_menubar.jpg15_menubar.jpg
14_menubar.jpg14_menubar.jpg
13_menubar.jpg13_menubar.jpg
12_menubar.jpg12_menubar.jpg
11_menubar.jpg11_menubar.jpg
10_menubar.jpg10_menubar.jpg
09_menubar.jpg09_menubar.jpg
08_menubar.jpg08_menubar.jpg
07_menubar.jpg07_menubar.jpg
作業.png作業.png
05_menubar.jpg05_menubar.jpg
04_menubar.jpg04_menubar.jpg
03_menubar.jpg03_menubar.jpg
02_menubar.jpg02_menubar.jpg
01_menubar.jpg01_menubar.jpg