titlelogo.jpg

header_ws01.png
| はじめまして| このサイトについて | プライバシーポリシー| サイトマップ | お問い合わせ |  

tbar_01.jpg

kage_01.jpg

tbar_34.png

3月なかばの日曜日、大学で開催の木育サミットに行くことにした。
で、「もくいく」ってなんだ? 調べてみようっと。
「木育とは、北海道から発信された新しい教育概念、教育用語である。(ウィキペディアより)

01.png

子どもたちが幼い頃、私はクリスマスプレゼントを木のおもちゃと決めていた。「クウガのベルトって言うたけど、間違えたんかな、サンタさん」と息子はつぶやいたものだったけれど、「サンタさんは木の国から来はるねんて」と受け流した。あら、私も「木育」していたかも。よし、話を聞きにいってみよう。
 
■「仮面ライダークウガ」
特撮テレビドラマ作品、および作中で主人公が変身するヒーローの名称。クワガタの語感から命名された。(ウィキペディアより)
■「クウガのベルト」
参考商品では変身ベルト本体の材料はABS・PE・PC、ベルトはPE。いずれも石油原料の合成樹脂。

02.png

木育。平成16年、森林の多い北海道で木材や木の文化を見直す木育プロジェクトが始まった。林野庁を通して全国に広まっている。木に触れあい、使うことを推進し、自然環境を守ろうというもの。

03.png

その木育を語る「木育サミット2014」はこれが第一回。いままさにここ小金井で始まる。主催は日本グッド・トイ委員会/東京おもちや美術館、そして東京学芸大こども未来研究所だ。今回のサミットでは、おもちや美術館と東京学芸大こども未来研究所がコミットして、木育を子育て等の活動に広げる可能性を示している。

04.png

会場でびっくり。北海道から、沖縄から、400人以上の参加者が来たという。たまたまお隣にいらした方は、昨夜岐阜県から来られたそう。

05.png

こちらの方は大阪から参加した。蝶ネクタイが木材!
ご自身の結婚式でも身につけたという。建材会社から教育分野へ転身し、今後は木のぬくもりを伝えていきたいとお考えだ。木育サミットのことはインターネット上のFacebookで知った。

06.png

え? 木育ってそんなに世間の関心の高いことなの。木育という言葉、昨日知ったばかりだ、私は。なんか場違いかも。お話はちんぷんかんぷんだろうか…。

07.png

 画像提供:美濃保育園園長 雲山晃成先生

そんなことを考えながら午前の部のオープニングフィルムが始まった。美濃保育園(岐阜県)の木育園舎プロジェクトの記録だった。
  
美濃保育園は木育モデル園として木育カリキュラム開発に取り組んでいるという。地元の人がそこにある木材を使い、園舎を造る工程が映し出される。学生から経験豊かな年齢の方まで、多くの人が工程に関わっている。子どもたちを見守る大人の思いの強さと、モノづくりのワクワク感に満ちた20分ほどのフィルムに、釘付けになった。森にある木が、あの大きな木がひとつひとつ、建物の骨になっていく。景色が移り変わっていく。そうだ、自然から力をもらって人は生きているのだ。

08.png

午後はパネルディスカッション3部形式だった。そのうちのひとつセッションIでは、「木育」とは何か、というテーマで、幼児教育、大学、社会、ビジネス展開という4つの視点から事例紹介と意見交換がなされた。

09.png

中でも、岐阜県立森林文化アカデミー松井氏の提言「子どもからやろう」が印象に残る。
 
■岐阜県立森林文化アカデミーブログ
美濃保育園等での木育実践検証を出版。三年間の木育のさいごに、保育園児がノコギリとゲンノウでスギの椅子を二脚ずつ作っている。
http://gifuforestac.blogspot.jp/2013/09/blog-post_5575.html

10.png

 画像提供:岐阜県立森林文化アカデミー教授 松井勅尚先生

シュタイナー(教育家、思想家)によると、子どもは模倣する力が人生の中で一番強いのだそうだ。自然に触れる体験を通して、多くのことを子どもは敏感に感じ取る。
 
たとえば、木は思い通りにならない。だから、根気強さがつく。のこぎりのような危険な道具を使う。だから、協力し合い、相手を気遣う力がつく。真剣に取り組まなければけがをすることも体感する。
 
幼いころの体験、「原体験」。セッションIでは、幼児から学校教育はこの「原体験」の重要性,学校を卒業してからは生涯学習社会において,木育を国民運動にしていくことが重要だ、ということだった。

11.png

会場内には数々の木製のおもちゃの展示があった。

12.png

らくだは「木育キャラバン」のロゴマーク。東京おもちや美術館では木のおもちゃをいっぱいもって日本全国のいろんなところを回っている。

13.png

木育キャラバンは岡山県にもいった。
岡山県西粟倉村産の木材で創ったおもちゃ「ころんさんとくるんさん」。とっても手触りがいい。〇歳児のやわらかい手にも安全だ。デザインを募集し、村の木工事業者さんがつくった。
 
1本が7つの球で構成されすきな形にかえられる。両サイドには磁石パーツ装備。合体接続すればベルト状になり、ふとっちょにもほそっちょにも対応可能だ。すべすべの木に触ってぐっと目に力を入れ、両腕を大きく回せば、ヒーローヒロインに変身だ! それは、キミ自身のエネルギーなんだ。

14.png

自然の力と子ども。このエネルギーあふれる2つは、繋がるべくして繋がるものなのだと思った。
もう一度、生活の中の木を見直そう。木のテーブル、いす、本棚、おもちゃ。眠っている木を起こして、自然と暮らす豊かさを大人の私も感じたい。 
 
■木育サミット2014
http://goodtoy.org/ms2014/

[取材]裏街道ユミ姐 [構成]のびのびーの!編集チーム

ws_170.png

01hajimete_babo.jpg01hajimete_babo.jpgmainbo_white.jpg02soudan_babo.jpg02soudan_babo.jpgmainbo_white.jpg03wa_babo.jpg03wa_babo.jpg

logo.jpg

index_menubar_60.pngindex_menubar_60.png
index_menubar_0159.pngindex_menubar_0159.png
to60_menubar.pngto60_menubar.png
59_menubar.png59_menubar.png
58_menubar.png58_menubar.png
57_menubar.png57_menubar.png
56_menubar.png56_menubar.png
55_menubar.png55_menubar.png
54_menubar.png54_menubar.png
53_menubar.png53_menubar.png
52_menubar.png52_menubar.png
51_menubar.png51_menubar.png
50_menubar.png50_menubar.png
49_menubar.png49_menubar.png
48_menubar.png48_menubar.png
47_menubar.png47_menubar.png
46_menubar.png46_menubar.png
45_menubar.png45_menubar.png
44_menubar.png44_menubar.png
43_menubar.png43_menubar.png
42_menubar.png42_menubar.png
41_menubar.png41_menubar.png
40_menubar.png40_menubar.png
39_menubar.png39_menubar.png
38_menubar.png38_menubar.png
37_menubar.png37_menubar.png
36_menubar.png36_menubar.png
35_menubar.png35_menubar.png
34_menubar.png34_menubar.png
33_menubar.png33_menubar.png
32_menubar.png32_menubar.png
31_menubar.png31_menubar.png
30_menubar.png30_menubar.png
29_menubar.png29_menubar.png
28_menubar.png28_menubar.png
27_menubar.png27_menubar.png
26_menubar.png26_menubar.png
25_menubar.jpg25_menubar.jpg
24_menubar.jpg24_menubar.jpg
23_menubar.jpg23_menubar.jpg
22_menubar.jpg22_menubar.jpg
21_menubar.jpg21_menubar.jpg
20_menubar.jpg20_menubar.jpg
19_menubar.jpg19_menubar.jpg
18_menubar.jpg18_menubar.jpg
17_menubar.jpg17_menubar.jpg
16_menubar.jpg16_menubar.jpg
15_menubar.jpg15_menubar.jpg
14_menubar.jpg14_menubar.jpg
13_menubar.jpg13_menubar.jpg
12_menubar.jpg12_menubar.jpg
11_menubar.jpg11_menubar.jpg
10_menubar.jpg10_menubar.jpg
09_menubar.jpg09_menubar.jpg
08_menubar.jpg08_menubar.jpg
07_menubar.jpg07_menubar.jpg
作業.png作業.png
05_menubar.jpg05_menubar.jpg
04_menubar.jpg04_menubar.jpg
03_menubar.jpg03_menubar.jpg
02_menubar.jpg02_menubar.jpg
01_menubar.jpg01_menubar.jpg