titlelogo.jpg

header_ws01.png
| はじめまして| このサイトについて | プライバシーポリシー| サイトマップ | お問い合わせ |  

tbar_01.jpg

kage_01.jpg

tbar_30.png

2014年4月、貫井北町に新しい公民館ができる。その一角に、中学生、高校生を中心とした若者のスペースを作る計画があるのだそうだ。若者のスペースって?何をするところ?さてどんな空間にするのがよいのか、皆で考えよう、というのがこの講座だ。

01.png

日曜日の午前中、たった2時間なのに我が家の高校生は行けないと言う。自転車通学で、現在建設中の公民館の横を通り帰ってくる。これから利用するかもしれない。だからこそ、こんな話し合いの場に行ってみるのもいいよ、と紹介したが…。
  
「部活あるから」。
 
確かに部活は休みたくないだろう、午後にはセンター模試もある。しかし、息子よ。君たちが話し合うことで、今までにないものができるかもしれないのだ。若者の声が通りにくい社会で、大人に聞かせるチャンスなのだよ。

02.png

我が家の状況はよそ様でも同じなのか。当日は、「昔、若者だった人たち」が多かった!  私を含むかつての中学生、高校生たちは、子ども時代を思い出して、話し合いに取り組んだ。

03.png

考えを自由に出し合うワークショップ形式。6人一組のグループで、短い時間内にアイデアを模造紙上で表現するのは、難しくもあり楽しくもあり。グループワークには、人の発言を否定したり、頭から無理だと言ったりしない、という約束があり、それがよいアイデアを生むことに繋がるという。ついつい熱くなる人も表現や態度には気を付けて。
 
それでも、意見がぶつかる時があり、グループに一人いるファシリテーターという進行役の大学生が活躍。交通整理する役割を果たしてくれている。

04.png

いよいよまとめの時間に差しかかると、各グループの模造紙を貼り出して、順に発表が行われた。様々な世代と交流する場、一人で来てもさびしくない場所、心を癒せるところ、まじめなゲームセンター…。漠然と要望が見えてくる。
 
あるグループでは、小金井に住む人材を活用しようという声があり、遊びの達人、大学生、カウンセラー、カフェのオーナー、そして近所のおばちゃん、おじちゃんなど、人という大切な資源がたくさんあることに改めて気付くことができた。別のグループの発表で、のんびりしていたいのだけれど、もっと積極的にもなりたい、と若者の複雑な心境もわかった。
 
そこにはどんな大人がどのように関わるのか、関わらないのか、ということが大切なのだと感じた。

05.png

公民館には4つの役割があるそうだ。今日のワークショップで、「自由なたまり場」について考えた。この「集団活動の拠点」は「私の大学」という学びの場であることを実感し、新たに「文化創造のひろば」を参加者全員で作り上げていく。そうするうちに、公民館の4つの役割を体感できた。
 
公民館って、深い。
その中につくる若者の居場所に期待したい。(Y)

[取材]裏街道ユミ姐

ws_170.png

01hajimete_babo.jpg01hajimete_babo.jpgmainbo_white.jpg02soudan_babo.jpg02soudan_babo.jpgmainbo_white.jpg03wa_babo.jpg03wa_babo.jpg

logo.jpg

index_menubar_60.pngindex_menubar_60.png
index_menubar_0159.pngindex_menubar_0159.png
to60_menubar.pngto60_menubar.png
59_menubar.png59_menubar.png
58_menubar.png58_menubar.png
57_menubar.png57_menubar.png
56_menubar.png56_menubar.png
55_menubar.png55_menubar.png
54_menubar.png54_menubar.png
53_menubar.png53_menubar.png
52_menubar.png52_menubar.png
51_menubar.png51_menubar.png
50_menubar.png50_menubar.png
49_menubar.png49_menubar.png
48_menubar.png48_menubar.png
47_menubar.png47_menubar.png
46_menubar.png46_menubar.png
45_menubar.png45_menubar.png
44_menubar.png44_menubar.png
43_menubar.png43_menubar.png
42_menubar.png42_menubar.png
41_menubar.png41_menubar.png
40_menubar.png40_menubar.png
39_menubar.png39_menubar.png
38_menubar.png38_menubar.png
37_menubar.png37_menubar.png
36_menubar.png36_menubar.png
35_menubar.png35_menubar.png
34_menubar.png34_menubar.png
33_menubar.png33_menubar.png
32_menubar.png32_menubar.png
31_menubar.png31_menubar.png
30_menubar.png30_menubar.png
29_menubar.png29_menubar.png
28_menubar.png28_menubar.png
27_menubar.png27_menubar.png
26_menubar.png26_menubar.png
25_menubar.jpg25_menubar.jpg
24_menubar.jpg24_menubar.jpg
23_menubar.jpg23_menubar.jpg
22_menubar.jpg22_menubar.jpg
21_menubar.jpg21_menubar.jpg
20_menubar.jpg20_menubar.jpg
19_menubar.jpg19_menubar.jpg
18_menubar.jpg18_menubar.jpg
17_menubar.jpg17_menubar.jpg
16_menubar.jpg16_menubar.jpg
15_menubar.jpg15_menubar.jpg
14_menubar.jpg14_menubar.jpg
13_menubar.jpg13_menubar.jpg
12_menubar.jpg12_menubar.jpg
11_menubar.jpg11_menubar.jpg
10_menubar.jpg10_menubar.jpg
09_menubar.jpg09_menubar.jpg
08_menubar.jpg08_menubar.jpg
07_menubar.jpg07_menubar.jpg
作業.png作業.png
05_menubar.jpg05_menubar.jpg
04_menubar.jpg04_menubar.jpg
03_menubar.jpg03_menubar.jpg
02_menubar.jpg02_menubar.jpg
01_menubar.jpg01_menubar.jpg