titlelogo.jpg

header_ws01.png
| はじめまして| このサイトについて | プライバシーポリシー| サイトマップ | お問い合わせ |  

tbar_01.jpg

kage_01.jpg

tbar_09.png

01.png

「お母さんが元気になるお話」と聞いて、参加してみました♪
この勉強会では、こんなことを学ぶそうです。
◆子どもはどんな風に見えてる?感じてる? 
◆家庭でできる支援方法や声のかけ方は?
◆思春期ってどうなるんだろう... 
◆自立にむけて身につけておきたいことは?

02.png

講師の阿部先生はとてもお忙しい方で、この日も熊本から帰ってきたばっかりでした。日本中を講演でまわって、子どもたちの応援団をふやしていらっしゃるようです。
なんと、秋田には「のーそん」っていうコンビニがあるそうです!!
こんなお話しを交えながら、なごやかにユーモラスに、いつも大変なお母さんにリラックスしてもらえるようにという阿部先生のやさしい配慮がとても心地よかったです。参加者の中からも笑いがこぼれはじめました。

03.png

茂木健一郎先生とのお写真。
脳科学の視点からも説明してくださいました。
●子どもの学力をあげるためにはドーパミン
①ほめる→②脳が喜ぶ→③「ドーパミン」→④「学びの回路」ができる!
学習のための安全基地セキュアベース
自分が頑張ったことを認めてもらえると安心と喜びの安全基地ができる!
記憶の安定率を高める方法は五感を使う!

04.png

子どもを伸ばす育て方で大事なのは、「ほめ方」と「いいとこ探し」。
なるほど…。母としては目からうろこでした…。
でも、どれも今からやろうと思えばできることばかりかも!
ちょっとやってみようかな…

「チャレンジコーナー」では、子どもに対する見方を変えるために、強みに着目した言い換えや、発達障がいの疑似体験をしました。
阿部先生が、「がんばって」「努力して」「根性だして」と声をかけてくれましたが、一生懸命やってもできないことがよーくわかりました。

05.png

たくさんの「いいところ」を発見して伝え、自己肯定感を育てることが大切。そのためには、まずお母さんが「心の充電」が必要。お母さんの「いいところ」探しから!

06.png

阿部先生は、「相手を受け入れる心のはば」を広げることを「心のストライクゾーン」を広げるとおっしゃってました。
この「心のストライクゾーン」を広げるためには、やはり「余裕」が必要なんですね。

07.png

でもときには、叱ることも必要です。そこで、「失敗恐怖の子」にならない叱り方も「チャレンジワーク」しました。ところが、全く良い言い方が浮かびません… 他のお母さんのお答えは素晴らしい!ひたすら日々の反省をしました… たとえば、
 Q.「何回言われたら分かるんだ?」
 言い換え:「○○するんだよね」
 Q.「まだできていないの?」
 言い換え:「だんだんゴールに近づいてきたね」

08.png

子どもにとって「大切な存在」であるために、なにげない「ふわっと言葉」でのコミュニケーションが大切。
阿部先生も「ふわっと言葉」を貯金するために、日々修行をしているそうです。
「チクッと言葉」で心がなえていると、自尊感情が低くなり、援助をもとめることでさらに傷つくことを恐れて援助を求めなくなってしまうようです。

09.png

阿部先生から、具体的な「援助を求めるスキル」を教えていただけました。これは、子どもたちが身につける前に、お母さんも身につけるとさまざまな場面で有効かもしれない!と思いました。

10.png

■もっと知りたいという場合は、
阿部利彦先生の著書
『発達障がいを持つ子の「いいところ」応援計画』ぶどう社、2006
『「発達障がい」が気になる子を伸ばす育て方』PHP研究所、2010 など
ブログ】「電脳ズバッと解決ファイルR」http://www.denzuba.com/

■ 小金井市の発達がアンバランスな子どもの親の会
「ひまわりママ」の活動に興味のある方
お問い合わせ先
 小金井市子ども家庭支援センター『ゆりかご』
  [Tel]042-321-3141(日曜・月曜を除く)
  [HP]http://k-yurikago.org/index.htm
  [E-mail]himawari_mama_0211@yahoo.co.jp
  [住所]〒185-0015 小金井市貫井北町5-18-18

ws_170.png

01hajimete_babo.jpg01hajimete_babo.jpgmainbo_white.jpg02soudan_babo.jpg02soudan_babo.jpgmainbo_white.jpg03wa_babo.jpg03wa_babo.jpg

logo.jpg

index_menubar_60.pngindex_menubar_60.png
index_menubar_0159.pngindex_menubar_0159.png
to60_menubar.pngto60_menubar.png
59_menubar.png59_menubar.png
58_menubar.png58_menubar.png
57_menubar.png57_menubar.png
56_menubar.png56_menubar.png
55_menubar.png55_menubar.png
54_menubar.png54_menubar.png
53_menubar.png53_menubar.png
52_menubar.png52_menubar.png
51_menubar.png51_menubar.png
50_menubar.png50_menubar.png
49_menubar.png49_menubar.png
48_menubar.png48_menubar.png
47_menubar.png47_menubar.png
46_menubar.png46_menubar.png
45_menubar.png45_menubar.png
44_menubar.png44_menubar.png
43_menubar.png43_menubar.png
42_menubar.png42_menubar.png
41_menubar.png41_menubar.png
40_menubar.png40_menubar.png
39_menubar.png39_menubar.png
38_menubar.png38_menubar.png
37_menubar.png37_menubar.png
36_menubar.png36_menubar.png
35_menubar.png35_menubar.png
34_menubar.png34_menubar.png
33_menubar.png33_menubar.png
32_menubar.png32_menubar.png
31_menubar.png31_menubar.png
30_menubar.png30_menubar.png
29_menubar.png29_menubar.png
28_menubar.png28_menubar.png
27_menubar.png27_menubar.png
26_menubar.png26_menubar.png
25_menubar.jpg25_menubar.jpg
24_menubar.jpg24_menubar.jpg
23_menubar.jpg23_menubar.jpg
22_menubar.jpg22_menubar.jpg
21_menubar.jpg21_menubar.jpg
20_menubar.jpg20_menubar.jpg
19_menubar.jpg19_menubar.jpg
18_menubar.jpg18_menubar.jpg
17_menubar.jpg17_menubar.jpg
16_menubar.jpg16_menubar.jpg
15_menubar.jpg15_menubar.jpg
14_menubar.jpg14_menubar.jpg
13_menubar.jpg13_menubar.jpg
12_menubar.jpg12_menubar.jpg
11_menubar.jpg11_menubar.jpg
10_menubar.jpg10_menubar.jpg
09_menubar.jpg09_menubar.jpg
08_menubar.jpg08_menubar.jpg
07_menubar.jpg07_menubar.jpg
作業.png作業.png
05_menubar.jpg05_menubar.jpg
04_menubar.jpg04_menubar.jpg
03_menubar.jpg03_menubar.jpg
02_menubar.jpg02_menubar.jpg
01_menubar.jpg01_menubar.jpg