titlelogo.jpg

header_ws01.png
| はじめまして| このサイトについて | プライバシーポリシー| サイトマップ | お問い合わせ |  

tbar_01.jpg

kage_01.jpg

tbar_08.png

私は五歳。市民ライター。全国から人々の集うお祭りが小金井にもあると聞いて駆けつけた。運営スタッフは市民有志。みんなでお祭りを作る、それがはらっぱ祭りだ。

01.png

なんてすばらしい秋晴れだろう。はらっぱ祭りは今日と明日。いろんな人が集まってきた。

02.png

しっとりときもちいい緑。原っぱはこうでなくちゃ!

03.png

たくさんのブースが出る。今年の出展者は77団体&個人。十時からだんだんと準備が始まる。準備もお祭りのうちなのだ。

04.png

くじらやま近辺にメインステージとアコースティックステージ、左右にテントやブースが連なる。

05.png

リサイクルバザーが道なりに続く。私もコムサデモードの黒ブーツ200円とmou・jon・jonの厚手シャツ200円をみつけたぞ。買う人がありがとうと言いたくなるほどのすてきな品々。

06.png

多彩な屋台がいっぱい出ている。これが個人力だ。フードメニューはケバブ、タイカレー、串揚げ、パエリア、ポトフ、おむすび、パン。ドリンクも、珈琲、パイン酒、タイビール、チューハイ、生マッコリ、ワイン、日本酒、みそ汁。看板のデザインもテントも、バラエティに富んでいる。
おや、ひときわ背の高いイカ焼の看板には「おやじの店」とあるぞ。おやじといえば……。

07.png

「南小おやじの会」。わんぱく夏祭りでお会いしたトミさんに再会した。あのときのお礼をいうと覚えていて、私の顔にペットボトルロケットがあたらなかったか、と声をかけてくれた(vol.01参照)。日本酒と焼酎、白ワインロゼワイン300円、手前右はカステラ一切れ50円、左はスパイシーなえびせん50円。

08.png

イカ焼は小学生の子どもたちが焼いてくれる。使う卵は三重産。OKストアで仕入れた。食べ物の産地にも気遣いがある。

09.png

お隣は「小金井学習センター」のぐるぐるうずまきソーセージ。

10.png

巨大なにぎり寿司かと思ったらポークおにぎり。手前はきゅうりの浅漬けバー。パワフルでヘルシーで多彩なメニューはさすが父母の力。学習塾運営への動きは、学童保育から始まったという。学習塾でも、自発的な学びを自らの手で作ろうとする人々がいる。

11.png

あれ。この人はなんだ? ふしぎな人だなあ! 足もとに人形がたくさんある。

12.png

楽器を演奏しながら歩き出した。人形たちもみんなつながっていて、ぞろぞろ踊りながらついてくる。どこへいくんだろう。

なんだかよくわからないけどなんだかおもしろい。こどもたちもぞろぞろついていく。

13.png

しまいにはこんなにたくさんの人がついてきたぞ。

14.png

音楽はギターとハーモニカ、太鼓。太鼓は足ペダルで演奏する。じつは靴にしかけがあって、インソールを踏むと自転車のブレーキを改造したワイヤーがおなかにくくりつけた太鼓をつきあげて打つ。これがたいへん力が必要で、しばらく演奏すると2リットルの汗がでるそうだ。

15.png

50体を超える人形はすべて手作りだ。作ったのもこの人、大道芸ユニットのムンドノーボぽこブヨ〜ダンの木村さん。体中に楽器と踊り手(人形たち)をまとい、パレードする。

■木村元さん
千葉大教育学部美術科を卒業し、玩具クリエイターを経て音楽、造形表現活動を展開。

■ムンドノーボぽこブヨ〜ダン
木村さんが団長をつとめる2人組のユニット。東京都ヘブンアーティスト。
http://www.geocities.jp/bokudoko/index.html

16.png

ムンドノーボぽこブヨ〜ダンのパレードはくじらやまのむこうがわについた。そこでみんながパンを焼いていた。食と火遊び体験「くうねるあそぶ」。こがねい遊パークのみなさんがいつものように火をおこしている。こんなふうに竹の先を包むようにパン生地を伸ばして、火にあてるだけだ。

17.png

しばらく火を囲もう。早く焼ける人もいれば時間のかかる人もいる。焦げがちなのは、直火で焼きたがる短気な人。かといってあまり遠火だと時間がかかりすぎる。火に近づいたり遠ざかったりするのが火加減。

■こがねい子ども遊パーク
くじらやまで毎週金曜と第4土曜日にプレーパークを展開。火もおこす。
http://blogs.yahoo.co.jp/waratotsuchi

18.png

「アフターケア相談所 ゆずりは」のみなさんも来ていた! 
私も、市民レポーター仲間のコガネーゼさんの記事を読んで知っている(vol.3参照)。ゆずりはの活動を知ってほしくて出展したそうだが、料理も本格的。

■アフターケア事業 ゆずりは
児童養護施設等退所者のアフターケア支援事業を展開。
http://asunaro-yuzuriha.jp/yuzuriha.html

19.png

ポトフ500円。もち米ときのこのおにぎり100円。このポトフ、ほくほくのじゃがいもがまるごと入っている。豚バラのかたまり肉は層にわかれてしっかり味がついている。二日間煮込んだそうだ。どうりでやわらかいはずだ。

20.png

ゆずりはポトフ、ウマー! うしろでは手ぶれカメラマンのママが気分よさそうに白ワインを片手にイカ焼をつまんでいる。今後の写真はますます手ぶれすること請け合いだ。

21.png

食後はデザート。学友と私は百円玉をにぎりしめ、わたがしの列に並んだ。突風で、ときどきわたがしが飛んでゆく。

22.png

青空に白い雲ふたつ!

23.png

みんなが野外ステージに集まっている。海外には音楽祭というイベントがあって、ロックミュージックを家族が屋外で楽しんだりするそうだ。ママが見せてくれたウッドストックのロックフェスという古い映像にこんなシーンがあったのを思い出した。

25.png

二本の高い竹に「はらっぱ」と書いた旗がたなびく。下にドーム型にしならせた竹。この下に野外ステージがある。

26.png

そのときの演奏は「The Hot Club of Osawa」。ギター、ウッドベース、ヴァイオリンのジプシージャズバンド。歌は英語だが、日本語もじょうずだ。「マルガリータという品のいいカクテルを頼んだら焼酎大盛が来てしまい、酔っぱらっちゃった」というエピソードをMCで入れられる日本語力。

27.png

風合いのある音響機材だ。

28.png

運営する人も、設営する人も、出演する人も、出展する人も、みんな自分らしさをもちより、自分の意志でやってくる。参加するみんなが一斉におなじことをしたりしない。
楽しいことが二十年続くのはなぜだろう。全国から人々がやってくるのはなぜだろう。おいしいものや新しいことがいっぱい集まるのはなぜだろう。

■ 武蔵野はらっぱ祭り
http://the-harappa.net/

[取材]小杉圭子

ws_170.png

01hajimete_babo.jpg01hajimete_babo.jpgmainbo_white.jpg02soudan_babo.jpg02soudan_babo.jpgmainbo_white.jpg03wa_babo.jpg03wa_babo.jpg

logo.jpg

index_menubar_60.pngindex_menubar_60.png
index_menubar_0159.pngindex_menubar_0159.png
to60_menubar.pngto60_menubar.png
59_menubar.png59_menubar.png
58_menubar.png58_menubar.png
57_menubar.png57_menubar.png
56_menubar.png56_menubar.png
55_menubar.png55_menubar.png
54_menubar.png54_menubar.png
53_menubar.png53_menubar.png
52_menubar.png52_menubar.png
51_menubar.png51_menubar.png
50_menubar.png50_menubar.png
49_menubar.png49_menubar.png
48_menubar.png48_menubar.png
47_menubar.png47_menubar.png
46_menubar.png46_menubar.png
45_menubar.png45_menubar.png
44_menubar.png44_menubar.png
43_menubar.png43_menubar.png
42_menubar.png42_menubar.png
41_menubar.png41_menubar.png
40_menubar.png40_menubar.png
39_menubar.png39_menubar.png
38_menubar.png38_menubar.png
37_menubar.png37_menubar.png
36_menubar.png36_menubar.png
35_menubar.png35_menubar.png
34_menubar.png34_menubar.png
33_menubar.png33_menubar.png
32_menubar.png32_menubar.png
31_menubar.png31_menubar.png
30_menubar.png30_menubar.png
29_menubar.png29_menubar.png
28_menubar.png28_menubar.png
27_menubar.png27_menubar.png
26_menubar.png26_menubar.png
25_menubar.jpg25_menubar.jpg
24_menubar.jpg24_menubar.jpg
23_menubar.jpg23_menubar.jpg
22_menubar.jpg22_menubar.jpg
21_menubar.jpg21_menubar.jpg
20_menubar.jpg20_menubar.jpg
19_menubar.jpg19_menubar.jpg
18_menubar.jpg18_menubar.jpg
17_menubar.jpg17_menubar.jpg
16_menubar.jpg16_menubar.jpg
15_menubar.jpg15_menubar.jpg
14_menubar.jpg14_menubar.jpg
13_menubar.jpg13_menubar.jpg
12_menubar.jpg12_menubar.jpg
11_menubar.jpg11_menubar.jpg
10_menubar.jpg10_menubar.jpg
09_menubar.jpg09_menubar.jpg
08_menubar.jpg08_menubar.jpg
07_menubar.jpg07_menubar.jpg
作業.png作業.png
05_menubar.jpg05_menubar.jpg
04_menubar.jpg04_menubar.jpg
03_menubar.jpg03_menubar.jpg
02_menubar.jpg02_menubar.jpg
01_menubar.jpg01_menubar.jpg