titlelogo.jpg

header_ws01.png
| はじめまして| このサイトについて | プライバシーポリシー| サイトマップ | お問い合わせ |  

tbar_01.jpg

kage_01.jpg

tbar_05.png

01.png

私は五歳。市民ライター。梶野公園での木工作教室を取材中、雨が降り始めた。かまやんがオレンジ色のシートを出して来た。かまやんは昨夜の雨から活動中に雨がふるかもしれないと思って、このシートを持って来たという。野外活動中雨に降られるのはよくあることなんだそうだ。みんなで屋根を持ち上げる。

02.png

雨の降るなか、公園の木々に四方八方ロープを渡して屋根を支える。

03.png

ずいぶん遠くまでロープを渡すものだ。雨はふりやまない。こがねい子ども遊パーク代表のくにちゃんは、天井のまんなかをのぼりで支えながら静かに言った。「こうした激しい雨は30分くらいで降り止むでしょう」と。プレイパークという野外活動で雨に降られた経験から、それを知っている。

04.png

小学生も屋根を支える。

05.png

屋根のまんなかをのぼりでいちばん高く持ち上げる。傾斜がつけば水ははける。

06.png

だれかのママやパパが交代で屋根を持ち上げる。屋根にたまった水がざざーっと音を立てて滝のように流れ落ちる。

07.png

雨のようすをみながら、みんな工作を続ける。雷だ!

08.png

工作を続ける。じっさい、この雨では帰るに帰れない。

09.png

みな工作を続けた。泣いたり騒いだりする子どもはいない。こがねい子ども遊パークのスタッフは「集まった場所で事故があってはたいへんです。すぐに解散しましょう」といわない。まずみんなでしのぎ、ようすを見る。自然を知り、知恵と備えのある人が集まっている。

10.png

汽車ができた。タイヤがくるくるまわるように、かまやんがあとでくぎの深さを調えてくれた。これなら走らせることができる。

11.png

雨は本当に30分くらいしてぴたりとやんだ。工作も完成した。「今が帰るチャンスです、まもなくまた降り出すでしょう。終わった人から帰りましょう」とスタッフがいう。子どもたちは作品を手に手に、帰り始めた。雷雨でみじめな思いをした人は一人もいない。私は髪の毛一筋濡れなかった。みな工作を完成し、満足していた。

12.png

木工作は失敗してもやりなおしがきく。失敗していいのだ。何度でもやり直せばいいのだ。雨に降られてもむやみにおそれない。みんなであつらえた屋根が守ってくれる。子どもだって大人だって、失敗や災いのない人生はない。備え、怖れず、たてなおす力こそが、大人も子どもも必要だ。スタッフのひとりはそう話してくれた。

■ 梶野公園(かじのこうえん)
小金井市梶野町5-10。東小金井駅北口徒歩5分。
http://kajinopark.web.fc2.com/access.html
「ちびっこプレーパークバンビ」は毎週火曜日の午前からお昼過ぎまで開催中。乳幼児親子の訪問が多いが小学生も遊びにくる。

■ NPOこがねい子ども遊パーク
http://blogs.yahoo.co.jp/waratotsuchi
小金井市、国分寺市、小平市等でプレイパークでの野外活動を展開する。梶野公園サポーター会議でも4つの基幹活動のなかの「遊び場の会」に参画。

■ 森遊クラブ(しんゆうくらぶ)
http://www.ne.jp/asahi/mori-asobi/craft/
かまやんが2000年から主宰。20年にわたるプレイリーダー経験を経て、現在木工作指導やネイチャーゲーム等の活動を行っている。「木工作を通して自分の自由なイメージをかたちにする体験をさせてあげたい」。

[取材]小杉圭子

ws_170.png

01hajimete_babo.jpg01hajimete_babo.jpgmainbo_white.jpg02soudan_babo.jpg02soudan_babo.jpgmainbo_white.jpg03wa_babo.jpg03wa_babo.jpg

logo.jpg

index_menubar_60.pngindex_menubar_60.png
index_menubar_0159.pngindex_menubar_0159.png
to60_menubar.pngto60_menubar.png
59_menubar.png59_menubar.png
58_menubar.png58_menubar.png
57_menubar.png57_menubar.png
56_menubar.png56_menubar.png
55_menubar.png55_menubar.png
54_menubar.png54_menubar.png
53_menubar.png53_menubar.png
52_menubar.png52_menubar.png
51_menubar.png51_menubar.png
50_menubar.png50_menubar.png
49_menubar.png49_menubar.png
48_menubar.png48_menubar.png
47_menubar.png47_menubar.png
46_menubar.png46_menubar.png
45_menubar.png45_menubar.png
44_menubar.png44_menubar.png
43_menubar.png43_menubar.png
42_menubar.png42_menubar.png
41_menubar.png41_menubar.png
40_menubar.png40_menubar.png
39_menubar.png39_menubar.png
38_menubar.png38_menubar.png
37_menubar.png37_menubar.png
36_menubar.png36_menubar.png
35_menubar.png35_menubar.png
34_menubar.png34_menubar.png
33_menubar.png33_menubar.png
32_menubar.png32_menubar.png
31_menubar.png31_menubar.png
30_menubar.png30_menubar.png
29_menubar.png29_menubar.png
28_menubar.png28_menubar.png
27_menubar.png27_menubar.png
26_menubar.png26_menubar.png
25_menubar.jpg25_menubar.jpg
24_menubar.jpg24_menubar.jpg
23_menubar.jpg23_menubar.jpg
22_menubar.jpg22_menubar.jpg
21_menubar.jpg21_menubar.jpg
20_menubar.jpg20_menubar.jpg
19_menubar.jpg19_menubar.jpg
18_menubar.jpg18_menubar.jpg
17_menubar.jpg17_menubar.jpg
16_menubar.jpg16_menubar.jpg
15_menubar.jpg15_menubar.jpg
14_menubar.jpg14_menubar.jpg
13_menubar.jpg13_menubar.jpg
12_menubar.jpg12_menubar.jpg
11_menubar.jpg11_menubar.jpg
10_menubar.jpg10_menubar.jpg
09_menubar.jpg09_menubar.jpg
08_menubar.jpg08_menubar.jpg
07_menubar.jpg07_menubar.jpg
作業.png作業.png
05_menubar.jpg05_menubar.jpg
04_menubar.jpg04_menubar.jpg
03_menubar.jpg03_menubar.jpg
02_menubar.jpg02_menubar.jpg
01_menubar.jpg01_menubar.jpg