vol.002 アンサンブルマタン


 
コンサートに向けてリハーサル中のところを覗いてきました。メンバーみんなが揃う前から、会場からはすでにピアノの連弾の音・・・。フルートやクラリネットも登場。音がどんどん広がってゆきます。
どきどき!
 

ensemble matin(アンサンブルマタン)

「マタン」ってどういう意味か知っていますか?フランス語で「朝」です。
朝のコンサート、年齢制限の無いコンサート、手が届きそうな身近な距離で、お気に入りのぬいぐるみも一緒に音楽が聴けたらどうだろう?アンサンブルマタンはそういう想いから生まれたのです。
気持ちの良い朝に生の音楽なんて、想像するだけでうっとりしてしまいます。
子育てに追われる日々のなかで、子連れで聴きに行けるクラシックコンサートはないかと、私自身も探したことがあります。でも、子どもウケする曲目ばかりで自分自身が楽しめそうになかったり、「4歳から入場可」だと下の子は連れていけないからあきらめたり。そもそも都心まで電車を乗り継いで小さな子供を連れていくことのハードルが高い。最近は託児サービスのあるコンサートもあるけれど、預けられるわが子の不安そうな顔を見ると、物凄く気が引けてしまう自分。
 

コンサート、作ってしまおう!

アンサンブルマタンのメンバーも子育て真っ只中のとき、そういう思いを抱きました。そして「小金井で、本格的なクラシックのコンサートだけど子どもも楽しめるものは無いかな?・・・無い?!それなら自分たちで作ってしまえ!」こうしてアンサンブルマタンが生まれたのです。
メンバーの四人は小金井市でそれぞれ音楽教室を主宰したり、各地で室内楽演奏の活動をしながら、年に一度、「小金井・みんなでコンサート」を宮地楽器ホールで開催しています。小金井で、家族みんなで楽しめるクラシックコンサートを定着させるため10年間続けることを目標に、今年は5回目となります!
アンサンブルマタンの素敵なメンバーやこれまでのコンサートの様子についてはアンサンブルマタンのブログで是非見てみてください。
 
(マタンちゃんにも会えるかな)

(第4回公演「対決?!ベートベンVSモーツアルト」でのメンバーの皆さん!)
 

ピーターとおおかみ

さて、10年が目標の「小金井・みんなでコンサート」の5回目となる今年の公演は音楽物語「ピーターとおおかみ」。ロシアの大作曲家、プロコフィエフによる最高傑作のひとつです。子どものために作られたオーケストラの音楽付きの物語だなんて、素晴らしいですよね!本当にロシアは芸術大国だとしみじみ。
「ピーターとおおかみ」の練習の様子も見ていましたが、フルートの小鳥にクラリネットの猫ちゃん、もう本物の動物が飛び出したみたいで(猫はのっそりと)、ドキッとしてしまいました!やっぱり生の音楽はすごいです。そのうえ、本番では素晴らしいナレーションに、とっても可愛いイラストが一緒になって、それはもう楽しいに決まってる!
今回の公演のチケットは、1部はすでに完売、2部は残数あり、3部は残りわずかだそうです。(11月1日時点)当日券の有無は当日朝8時にアンサンブルマタンのブログで発表されるので、チェックしてみてください!
やっぱり人気なのですね。そしてお母さんたち、お子さんとクラシック聴きに行きたいのですよね。
 

 

演奏会の、ネタ合わせ?!

1年にたった一度のコンサートですが、たった1日のこの日のために、ものすごい時間をかけて準備をしています。普通の演奏会ならば、本番で自分の最大限の力を発揮するためにひたすら練習に励むのみ、ですが、アンサンブルマタンのコンサートは普段なかなか演奏会に足を運べない人たちのためのコンサートです。年齢制限のないコンサートです。どうすれば来てくれた皆さんが喜んでくれるのか、どうすれば小さな子供たちが飽きずに最後まで楽しめるのか。楽器の練習だけでも大変なのに、企画のハードルがめちゃくちゃ高い。本番も近づいてくると、演奏会なのか漫才なのか、はたまたコントなのか、ネタ合わせのようになってくるそうです(笑)
アンサンブルマタンのメンバーは“自分たちが欲しかったものを作った”、ここが大事な気がします。だからこそ、演奏も演出も妥協のない「本格的なコンサート」が創れるのだと思います。そうです皆さん、私たち小金井に住んでいてラッキー!ですよ。
 

(第二回公演で、アナ雪の曲とともに紙吹雪。)
 

 
手が届くような距離での生演奏、音の振動が子どもたちの肌に伝わる。一体どんなことを感じるのでしょうね。観客の咳払い一つが音楽に混ざる危うい空間。その音楽はたった一度きり。
 
アンサンブルマタンの皆さんが、リハーサルの合い間に話してくれました。
 
その日、初めて聞いた曲かもしれないけれど、それがいつか馴染みの曲になったら嬉しいな。
ふと耳にしたときに「あの時の曲だ」って思い出したり
もうクラシックコンサートに行けるような年齢に成長して「あの時のピーターとおおかみ聴きに行こうか!」とか、素敵だよね。
お母さんと手をつないで歩いた、コンサートの行き帰りの時間も楽しんでほしいな。
 
音楽のある生活を、お母さんも子どもたちも、ぜひ一緒に楽しみましょう!
 
 
 

基本データ

アンサンブルマタン
龜田美奈子kamedaflute
橋本裕子Hashimoto Clarinet Class
安川友美やすかわピアノ教室
山口幸代山口ピアノ教室~MUSIKTAG~
連絡先:ensemble.matin@gmail.com
活動日:毎年秋に宮地楽器ホールなどにてコンサートを開催。リハーサル、打ち合わせなどは4月からスタート。
小金井市内外で演奏をご希望の方はお気軽にご相談ください。
>アンサンブルマタンのブログはこちら